<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

個室の広さを十分にとる

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


**********************

バリアフリーというと、
「手摺をつける」「床の段差をなくす」と考える方が多いですが、
見落としがちなのが、

「十分な広さをとること」

たとえば、介護が必要な家族の個室。

以前、相談を受けた知り合いは、病院から引き取る車椅子の家族の為に、4.5畳の部屋を用意していました。トイレは2畳別にあるのに、です。さらに言えば、隣にほとんど使わない客間も6畳あるのに。
「これでは、使いづらいですよ」とアドバイスしましたが、
何故か「寝てるだけだからもっと狭くて良い」と、判断され、4.5畳より小さく、完成しました。
結果は? 3カ月で病院に戻られました。

個室はできれば8畳以上あったほうがいいです。理由を下にあげてみました。

* 介護ベッドスペース
* 家族が簡易ベッドなどで、添い寝することもある
* ベッドメイキングや介助で、できれば、ベッドの両側空いた方が良い
* ポータブルトイレや介護用品が結構かさばる
* 車椅子は結構大きく、操作にもスペースが必要
* TVや、安楽椅子など、娯楽のスペースもほしい
* 寝ていることが多いなら、そこがすべての空間なのだからむしろ豊かに


もし、そこだけで広さが取れない場合は、襖を開けると隣の部屋と一体になって使える、とか、引き戸で他の空間をつなげる工夫をします。
リビングとつながってるのもいいですね。

とにかく、ドアで仕切られた、小さな部屋ばかり作らないことです。

現在、介助が必要でなくても、どこかに、そんな広さと仕掛けがあるスペースを考えて置くと安心ですね。

b0231969_114311.jpg二部屋続きの8畳の和室を、段差なしのコルクタイルにして、手前はベッドスペース、庭に近い方をミニリビングとして使っています。
障子を開けると広縁も一体の、のびのびしたスペースになります。



愛着のある日本家屋の雰囲気を変えずに、バリアフリーに対応させています。


* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *

********************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-28 15:33 | バリアフリー

あけてみると・・びっくり!のリフォーム現場

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


****************************

リフォーム現場は、あけてみないとわからないことが結構あります。

床下に潜っただけでは、壁の中の腐食などわかりません。

私が遭遇した、構造上問題のあった現場をいくつかご紹介します。

b0231969_14471959.jpg
b0231969_14485172.jpg
b0231969_144839.jpg
b0231969_1449337.jpgこれは、新築時に起こっていることですが、排水やガスの配管を通すために、柱や土台を大きく欠いています。

これでは、土台がないも同じです。
また、本来土台に直接固定されていなければならない柱は、床材の上に乗せられてるだけでした。

当然リフォーム時に、土台も柱もやりなおして、配管は安全な場所を通しました。










こちらは、蟻害と腐朽。


砂でできた線のようなものが見えますが、これがいわゆる蟻道です。








在来浴室を解体したら、下地は、ほとんど蟻と腐朽菌でぼろぼろでした。
柱の足元はほとんど残っていません。
これでは、地震が来たら、あっという間に倒壊してしまいます。


すべて取り除いて交換。
薬剤で防蟻処理もします。

さらに、床下にコンクリートを打って、蟻が上ってきにくいようにしました。
浴室は、ユニットバスに変更しました。

築25年を超える住宅ですが、外見はきれいで、とてもこのような被害が進んでいるようには見えません。又、耐震診断時にも、蟻道は確認されましたが、まさかここまで、配管で構造材があちこち切り取られているとは、思いませんでした。
第三者の監理がきちんとなされていないと、こういうことは、今でも起こりうることです。


リフォームの費用は、こういった「あけてみないとわからない」こともあるので、いくらか余裕を持って用意しておきましょう。

又、こういうひどい工事が繰り返されないようにするためには、現場をこまめに見てくれる第三者の監理者が必要です。

玉石混合のリフォーム業界。
信頼できそうだな・・ではなく、
客観的に、きちんと見てくれるパートナーがいると安心です。

*伊藤裕子設計室は、1週間に1度以上、重要な場には必ず立ち合います。


* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *





******************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-28 15:16 | 構造

住まいをネイルサロンに

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


****************************

リフォームして、仕事場にする、という方も増えてきました。
自宅をリフォームして仕事場にしたり、古い建物の味を生かしてオフィスにしたり、色んな動機と方法があります。いくつかの例をご紹介していきます。


住まいの一部をネイルサロンにリフォーム
サロンS  埼玉県内
工事範囲  外観一部・玄関 (室内はセルフビルド)


b0231969_1272778.jpgbifore
<Sさんのご希望>
* 自宅でサロンを開きたいが、外観のイメージを変えたい
* 内部はセルフビルドで施工する
* できるだけローコストであげたい

<伊藤裕子設計室の提案>
* 店舗でありながら、住宅でもあるので、どちらで見ても違和感がないようなデザイン
* 住宅地にあるので、隠れ家サロンのようなイメージで
* コストが限られているので、外観に集中して費用を掛けて効果を上げる

<配慮したところ>
* 全体の構造補強はできないが、ファサードだけでも、と、筋交いを加えている

b0231969_1275869.jpgafter
木製の引き戸、玄関ドアに変更して、サロンらしい雰囲気と暖かさを表現した。
外壁も塗り壁風の塗装で、女性向けのネイルサロンのイメージに。









<伊藤から>
Sさんは、新進気鋭のネイルアーティスト。お若いにも関わらず、都内に顧客を沢山持つ方です。ご家族のセルフビルドの腕前もすばらしかったので、室内はおまかせし、建築工事は外観のみに絞り、効果を上げることを考えました。
住宅地なので、奇抜なデザインは避けましたが、ご近所のおばあちゃまたちにも好評だったそうです。

ご予算の目安 ★☆☆☆
(★=100~300万 ★★=300~500万 ★★★=500~1000万 ★★★★=1000万~)
※写真にない部分も工事範囲です。 




* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-28 12:28 | 作品集/仕事・趣味

テーブル小物の収納先

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


****************************

最近は、ダイニングテーブルの上で、お子さんが勉強することも
増えてきました。

テーブルの上は、調味料の他、
新聞・雑誌・手紙・筆記用具・メガネ・・・・沢山のものが積み重なって、
実際食器を並べられるのは、
ごく一部、と言うことになっていませんか?

そこで、こんなテーブルを特注で作ってもらうことが多いです。

b0231969_1135091.jpg

b0231969_1151690.jpg















テーブルの下にもう一段、浅い棚をつくります。

トレ―も一緒に作ってもらえば、引出しのように、こまごましたものも収納できます。

お勉強していても、「ごはんだよ」の一言で、教科書をしまうことができますし、ランチョンマットを中に入れておいて、お子さんが自分で出す、というお宅も多いです。

こんな、小さな工夫ですが、作ってもらった木工作家さんは、思いつかなかったそうで、また、既製品でもたまに見かける程度。
生活している女性目線の「あったらいいな」が形になった収納です。

※ 膝があたる場合があるので、ご主人さんの座高などを確認して、オーダーで作るのが良いです。

* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *


*****************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-28 11:16 | 収納

築38年の家をOMソーラーで暖かリフォーム

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


****************************

b0231969_18233428.jpg

築40年の家をOMソーラーで暖かリフォーム
M邸 埼玉県内 3人家族
工事範囲 寝室・リビング・洗面・廊下・トイレ・浴室・庭デッキ


b0231969_1756587.jpgbifore

<Mさんのご希望>
* 喘息があるので、全館寒くないこと
* 自然素材でできていること
* バリアフリーであること

<伊藤裕子設計室の提案>
* 書院・古い照明器具など、愛着があるものを残すこと
* 全館寒くないということで、太陽熱を利用するOMソーラーを採用
* 間取りは大きく変えずに、水周りを十分な広さで増築
* 広い庭を楽しむために、大きな木製デッキをつくる

<配慮したところ>
* 室内だけでなく、庭にもバリアフリーで出ていけるよう、段差のないデッキとスロープをつくった
* 十分な耐震性を持たせるために、基礎から補強

<ご感想>
* 床はコルクタイルでバリアフリーなので、安心して住める
* ウッドデッキを効果的に利用している
* OMソーラーはつけて良かった

afterb0231969_18274649.jpg

b0231969_18302311.jpg

b0231969_18295299.jpg

b0231969_1832267.jpg

b0231969_18421335.jpg
左側が増築した水周り
外壁は、軽くメンテナンスがしやすいガルバリウム鋼板にした


デッキには、ベンチも造り、今はテーブルも置いている
ここでの朝食は楽しみの一つに










室内の間取りは変えずに、窓を大きくした
構造的に弱くならないよう、窓の中心に見えるのはステンレス製の筋交い

明るさと、庭との一体感が出た





室内は、コルクタイル

壁は土佐和紙
自然素材でもリーズナブルな品

欄間・書院などは、古いものを再利用し、愛着のある家の思い出も残した












































<伊藤から>

70代のMさんは、初めてお会いした時は、喘息の症状がひどく、大変お辛そうでした。
全館暖かく、というのは、床暖房などでもできますが、大変な光熱費がかかります。
そこで、リフォームでは珍しいのですが、OMソーラーという太陽熱を利用した、空気集熱型の設備をご提案しました。
基礎を蓄熱するために全面ベタ基礎としましたが、耐震上も強度が増し、一石二鳥でした。
OMソーラーのいいところは、常に新鮮な外気を取り入れるので、そこも喘息対策には効果があったと思います。今では、良い先生にも巡り合われて、お薬なしの生活をしていらっしゃいます。
また、敷地内には、とっても広いすてきなお庭があるのですが、リフォーム前には、家と庭が分断された様子で、効果的には利用されていませんでした。
そこで、お子さんご家族が住む隣地の母屋ともつながる、大きな木製デッキをご提案しました。こちらも、お孫さんの自由な行き来や、洗濯物を干すスペース、朝食を食べるコーナーなどとして、大変有効に、楽しく使っていただいています。




ご予算の目安 ★★★★
(★=100~300万 ★★=300~500万 ★★★=500~1000万 ★★★★=1000万~)
※写真にない部分も工事範囲です。 




* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 18:45 | 作品集/住まい

リフォーム会社・工務店・設計事務所・どこに頼む?

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


*************

ここが一番の悩みどころですね!

経験をもとに、私なりにそれぞれの特徴をあげてみました。
ただし、デメリットについては、そういうところもある、ということで、もちろんすべてではありませんから、ご安心ください。


<リフォーム会社>

* 小さなリフォームから大きなリフォームまで、特化してるので、対応が手慣れてる。
* リピーター対応がしっかりしてる。
* デザインも含め、リフォーム提案がしっかりした会社もある。
* 私なら新築の方がいいのでは?と判断するような物件も、リフォーム会社なので
  リフォームしようとする人もいる。根拠を確認すること。
* 相見積もりが普通なので、必要なものも加えずに低い見積もりを出すところがある。
  (契約後に追加していくところもある。)
* 特に付き合いのあるメーカーの製品がすごく安く入ったりする半面、ノルマがある。
* 建築に精通していないスタッフがいるところもある。
  (経験ない方も大丈夫で高給っていう募集してるところは、どうかな?)

<工務店>

* 新築の工事もしているところは、最新の性能や情報も知っているので安心。
* 地元で長く信頼のあるところは安心。
* 自然素材や手作り感のあるディテールが得意なところもある。
* 工務店によっては、今風のデザインや素材に対応できないところがある。
* 営業がいないところもあるので、主婦の細やかな希望などに対応できないところもある。

<設計事務所> 

* クライアントの希望を丁寧に聞く。
* 特殊な条件でも、解決するスキルがある。
* 個性的で、自分だけの空間が手に入る。
* デザインの優れたものや、素材など、幅広く採用できる。提案してくれる。
* 工事の第三者チェックをしてくれる。
* 別途設計料と、時間がかかる。
* 300万円以下のような、小規模のリフォームは受けていない人が多い。
* 工務店が選べる。同じ条件で相見積もりが取れる。
* 使い勝手よりデザインを優先する人もいる。
* 個性が強いので、相性がある。 


どうでしょうか?
ますます悩んでしまうかもしれませんね。

でも、一番は、

「 信頼できそうな相手かどうか? 」

それには、金額だけでなくて、何度も相手と会って話し合い、できれば「OBクライアント訪問」をさせてもらって、実際に住んでる人の声を聞く・空間を見る・のが重要です。


※ご注意
 相見積もりをとりましょう、とよく言われますが、設計者が図面を描いて同じ条件で数社
 に出すのと違い、ばらばらで直接お話しした内容で出てくる見積もりは、実際は公平には
 比較できません。
 たとえば、お施主さんが希望したキッチンは同じものが入っていても、床下の断熱材は、
 A 社はみており、B社はみていなかった、ということがあり得ます。
 あとで、お施主さんが気がついて、追加になったという話も聞きました。
 トータルの金額だけを見がちな、相見積もりですが、内容を正確に判断してくれる設計者
 に入ってもらうことは、工事の監理も含め、安心だと思います。




* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
  
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 16:45 | お悩みポイント

メーカー住宅リフォームは難しい

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


*************

突然ですが・・
ご依頼いただいても、私が受けられないリフォームがあります。

それは、大手住宅メーカーのリフォーム。


これまでも、何回かご相談があって、メーカーにも相談したのですが、まず、できない。

何故かというと、大手メーカーは、型式認定といって、メーカー独自の工法や材料を使い建てていますから、一般に流通している材料や工法で手を加えるのが難しいのです。

キッチンをとり替える、壁紙を張り替える、ぐらいは、町場のリフォーム会社でも可能だと思いますが、私のところにご相談に来られるような、間取りを変えたり増築したり・・という構造を触るようなリフォームは、勝手にできません。

もちろん、メーカーも最近ではリフォームに力を入れていますから、十分対応しているはずなのですが、好みや相性の問題などで、設計事務所で・・という方が少なからずいらっしゃるようなのです。

奥の手としては、プランとコーディネートだけで、協働でお仕事をさせていただくこともできるらしいのですが、あまり、積極的ではないようでした。

また、費用も、町場の工務店に頼むよりも若干割高になり、相見積もりもとれませんので、メーカー住宅を建てる方は、その辺まで十分理解された上で、ご依頼されるのが良いと思います。


ちなみに、私が新築で手掛ける「木造在来工法」は、図面が残っていれば、将来、違う設計者・工務店でも、安全に構造を変更することができます。


* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
  
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 16:40 | お悩みポイント

リフォームと新築の分かれ目

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


****************************


リフォームと新築の分かれ目は何でしょう?

私は、主に以下のことを考慮して判断します。


* 地盤  
  地盤がかなり悪いとわかっていて地盤補強していない建物を、高額なリフォームする
  ような場合は、地盤補強して新築が安心。
  特に、現状基礎や壁にクラック(ヒビ)が入ってるような場合は、専門家の判断を仰ぐ。

* 費用  
  1981年以前竣工の建物は、法改正前なので、耐震診断が必須。
  基礎から補強が必要な場合は、新築並みの費用がかかるので、新築も考慮する。
  具体的には、2000万、2500万以上のリフォームになりそうなら、新築も検討。
  古民家再生では、4000万、5000万~と、高額になる場合もある。

* 愛着  
  古い建物でも、愛着が強い、良い状態である、ような場合は、補強しながらリフォーム。
  但し、新築でも、古い建物の一部を利用することは可能。
  
* 法規  
  法規的に建て替えが難しい敷地の場合はリフォームを検討。(専門家に相談)

* 用途 
  一世帯から二世帯など、大きく使い方が変わるときに、リフォームで対応できるか、
  できないか、の判断。

* 利用スパン 
  7~8年住めればいいのか、子供の代まで渡していくのか、将来の利用の仕方によって、
  かける費用や補強の程度などを考えて決める。
  自分や子供のライフサイクルまで考えて、検討する。

相談に来られる方は、「迷ってる」「どこから考えたらいいかわからない」という方がほとんどです。

自分一人で解決するには、専門的な内容も多いですし、一度専門家にご相談されるのが良いと思います。
その時に、ご家族で話し合ってきていただきたいのは以下のことです。

* 費用はどれくらいかけられるか?
* どういう理由で、どのような家族構成で、住む続けるためのリフォーム(新築)か。
* ご家族の中で、意見が食い違ってないか。


目的がはっきりしていて、進めよう!という気持ちがあれば、
解決の糸は見えてきますよ。


* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
  
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 16:17 | お悩みポイント

T邸  建て売り住宅のキッチンをオープンキッチンにリフォーム

こんにちは
伊藤裕子設計室の伊藤裕子です。
初めての方は、こちらをお読みください。→


*****************************

建て売り住宅のキッチンをオープンキッチンにリフォーム
T邸 埼玉県内 5人家族
工事範囲 ダイニングキッチン・リビング・家事コーナー



b0231969_1429482.jpg bifore
<Tさんのご希望>
* キッチンが壁に向いていて、家族に背を向けるのがいや
* キッチン家電などの置き場が中途半端で、空間を使いきっていない
* 暗い
* 家族5人が食事するテーブルが置けない

<伊藤裕子設計室の提案> 
* 家族みんなとお料理し、食事できる、オープンキッチンスタイルに
* 収納は、壁際を最大限に利用する造り付け収納に
* キッチンは、お気に入りのYAMAHAで、明るいオレンジのシンク
* 仕舞ったきりだった「絵」を掛ける壁にピクチャーレールを
* 暗かったスペースに大きな掃き出し窓を
  もともと、この外には、手作りのデッキがあったので、利用しやすく

<配慮したところ>
* 構造的には、筋交いを一か所移動する必要が出たので、バランス良く設置
* リビングやキッチンの室内ドアは、使いやすい引き戸に変更
* 室内犬の為に、床をコルクタイルに

<ご感想>
* 絵を眺めて、夫婦で話す時間ができた
* ご主人も料理しやすくなった
* コルクタイルに関しては、年配の大型犬なので、若干滑る

afterb0231969_14492398.jpg
・biforeとほぼ同じ方向を見る
・階段下も薄い食器棚で有効に利用する
・大きな窓で十分な明るさ
b0231969_14532727.jpg







・特注のダイニングテーブルは、足が一本なので丸くなって沢山座れる
・アイランドキッチンの周りは、ぐるぐる回れる便利な動線
b0231969_14574967.jpg








・押し入れに仕舞っていた、大好きな絵も掛けることができて、ギャラリーのように
・照明もスポットライトにして、夜はすてきな雰囲気に
・冷蔵庫もちょっと隠れた場所で、目立たなく
 奥には、デスクコーナーが
b0231969_1554470.jpg












<伊藤から>
Tさんは、ご主人さまもお料理をする、キッチン重視のご家族。
なのに、建て売りで購入したお住まいは、暗い壁際にキッチンセットがあり、お料理を楽しめるプランではありませんでした。
築浅だったこともあり、工務店などに相談しても希望を理解してもらえず、リフォーム会社経由で当事務所にご相談いただきました。
花のように明るい奥さまが中心で、お子さんが周りをくるくると走り回る、楽しいダイニングキッチンをイメージしました。
雑談中に、偶然しまってるのを思い出されたすてきな‘絵‘が、思いがけず、空間を引き締め、個性的な空間になりました。
ご夫婦での会話が増えた・とおっしゃっていただけたのが、とても印象的です。

ご予算の目安 ★★☆☆
(★=100~300万 ★★=300~500万 ★★★=500~1000万 ★★★★=1000万~)
※写真にない部分も工事範囲です。



* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *






******************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 15:33 | 作品集/住まい

自然素材はどうしていい?

b0231969_14132751.jpg


「リフォームは自然素材で・」

と、依頼される方が多いですが、「新建材の家に長年住んだが、どうも、体に良いのは、
自然素材のようだぞ」と、体感されてるからではないかと思います。

実際、新建材でできた大手メーカーや工務店の家で、喘息があったのに、リフォームや新築で
自然素材を増やしたことも効果があって、軽減した方もいらっしゃいます。

「シックハウス」が社会問題になってから、建築基準法も改訂され、大分以前より良くなりましたが、それでも、自然素材をお勧めする理由があります。


* 無垢材、特に針葉樹(杉・ひのき・パインなど)は、暖かく、床材でも体温を奪いにくい
* 接着剤の使用が少ないので、害が少ない
* 美しく、傷も経年変化で、味になる 
* 国産材を流通させることは、経済効果も大きい
* 素材と仕上げによっては、調湿効果が期待できる
* 大事に扱うので、結局長持ちする


などなど、あげればきりがありませんが、
特に私は、 ‘体温を奪いにくい‘ところを健康面では、評価したいと思います。

合板に0.△△mmの化粧板(実際は薄い紙のようなもの)を張って、冷たいプラスチックのような塗装をかけた、フローリング材は、一見美しく、傷もつきにくいですが、
赤ちゃんがハイハイした時、どんな感触でしょう?

手摺が、プラスチックのような冷たい感触だったらどうでしょう?

テーブルが、メラミンやガラスだったらどうでしょう?

体が触れるところは、暖かい感触のものが、ここちよく、体温も奪わず、
健康にも気持ち的にも、良いと思います。

‘冷えること‘が、根本的に体に悪いのではないか?と考えています。

* 伊藤裕子設計室 HPはこちら * 
* 毎日更新 伊藤裕子 うれしい暮らしブログはこちら *



****************************
[PR]
by itoyukosuruga | 2012-12-27 14:18 | 自然素材


自然素材・OMソーラー・バリアフリーの住まいリフォーム


by itoyukosuruga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

伊藤裕子設計室
はじめに
お悩みポイント
自然素材
エコロジー
バリアフリー
収納
構造
デザイン
暮らし
作品集/住まい
作品集/仕事・趣味

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

その他のジャンル

最新の記事

OMでも、リフォーム出来ます
at 2013-02-27 16:56
中古住宅を買う
at 2013-02-04 18:17
はじめに整理ありき
at 2013-01-21 11:23
暮らしやすさとは、ストレスが..
at 2013-01-10 10:57
個室の広さを十分にとる
at 2012-12-28 15:33

ブログジャンル

住まいとくらし
インテリア・収納

画像一覧